「めがね」がものす、ジャンルレスでフリースタイルなネタ帳です。はじめての方は、「ブログ内容の紹介」のカテゴリをご覧ください。


by めがね

今さらながら…。

今さらながら、
・リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(扶桑社、2005年)。
・劇団ひとり『陰日向に咲く』(幻冬社、2006年)。
読みました。

基本的には、小説大好きです。ただ、時間的には、専門でもない本をそんなに読んでられない。そして、読む本はやっぱり手元においておきたいけど、金銭的にはそんなに買ってられない。ということで、自分内ルールとして、小説はよっぽどのことがない限り、単行本では買わず、文庫になるまで待ちます。単行本だと、置く場所もとるし。

ただ、上記2冊は、大手出版社の発売の本と異なり、2年待っても、一向に文庫にならない。しょうがないので、ついに単行本で買ってしまいました。いや、もちろん、BOOK OFFでだけどね。

僕は、小説を読む時期と読まない時期が、ハッキリあります。確固とした理由があるわけではないけれど、忙しさと自分の気持ちの揺れがきっと主な理由です。

そして、今は小説を読む時期です。今回は、今まであんまり読んでいなかった、映画の原作になっているような売れ線作家を読んでいます。ここ1か月で読んだものを挙げると、
・恩田陸『夜のピクニック』(新潮社、2004年)。
・本谷有希子『腑抜けども 悲しみの愛をみせろ』(講談社、2005年)。
・奥田英朗『イン・ザ・プール』(文藝春秋、2002年)。
・同『空中ブランコ』(文藝春秋、2004年)。
・伊坂幸太郎『死神の精度』(文藝春秋、2005年)。
ちゃんと小説読んでる人にしてみたら、どれも「今さらながら」だろうけど。

長い前置きがありまして、いよいよ本題。『東京タワー』と『陰日向に咲く』の感想です。

『東京タワー』は、自伝として、リリー・フランキーにシンパシーを持って読むと、いいこと書いてあるし、感動的な話ではあるけど、小説としては、エンターテイメント性に欠ける気がしました。時系列におそらくは事実に即して話が展開していくので、ストーリー上になにか仕掛けだったり、謎解きがあったりするわけではないし、その割には文量が多い。

それに比べると、『陰日向に咲く』の方が、構成的には圧倒的にうまい。映画のインタビューで、宮崎あおいが「個々の話がリンクしていて…」と言っていたのを見ていたので、そのリンクのさせ方を期待して読みました。確かにうまくリンクしていて面白いかったし、ひとつの短編の中の構成もうまく考えられていて、ひとつひとつにオチがつけられています。

ただ、読んだタイミングが悪かった。井坂『死神の精度』を読んだばかりでした。『死神の精度』は、死神が人間の姿をして、対象となる人間の前に現れ、その人間の生死を判断する話の短編集なんですが、この作品も個々の短編がリンクさせてあって、最後の短編でそれまでの短編とのつながりが分かるように作られています。リンクのさせ方も、個々の短編内でのオチのつけ方も伊坂の方が一枚上手って感じです(読んでいない人のために、詳しくは書かないけど)。死神のキャラ設定のうまさもあって、個々のエピソードも飽きずに読んでいけます。

ということで、両方ともよかったけど、上記の作家の方がおもしろく読めたなー。相手が悪いのかもしれないし、当然ながら個人の好みにもよるけど。
[PR]
# by bbex33312 | 2008-05-04 06:17 | 小説

『算数再入門』

f0161165_2325178.jpg
本日、購入。個別指導塾のバイトで、今年度は、算数の授業数が多いということで、買った一冊。私立文系大学生でも、都立受験の中学数学くらいなら教えている人が多いため、悔しいので、現在、算数・数学も少しずつ復習中。

小6算数を教えている時、
「そういえば、なんで分数の割り算する時に、分母と分子を逆にするんだっけ?」
と思いたち、理系組に聞いてみたものの、明確な答えは返ってこず…。

例えば、3/4÷3ならば、3を3/1 って考えてあげれば、3つに分けるってことは、3分の1にするってことだから、3/4×1/3と同じになるってのは、感覚的にも分かるんだけど、3/4÷3/5とかだと、なぜ分子と分母を逆にするのか、感覚的につかめない。

そうしたら、本屋でこの表紙を見つけてしましました。お金がなくても、本屋に行くとついつい予定にない本を買ってしまします。

ただし、僕は、基本的な定義から、分数の割り算は逆数をかけることを感覚的に把握させる(例えば、3に分けるってことは、3分の1にすることと同じ)というような説明の仕方を期待していたのですが、この本は、式変形をしてなぜ逆数をかけるのと同じになるのかを証明をするという感じの説明の仕方で、僕の関心とは違って少し残念でした。

生徒(と言っても、個別に来る子の中では、かなりできる子に限られるけど)は、分数の文章題で、割合から全体量を求める問題(例えば、何かを300g使って、それが全体の2/3に当たる)時、どうしても300÷2/3というのが、なかなか感覚的に分からないようので、分数の割り算の感覚がつかめると、この類の文章題もできるようになると思うんですが…。ちなみに、僕は、分数を整数に変えて、「300gが全体の2倍なら、300÷2で割り算を使うんだから、分数でも同じ順番で割り算だよ」と説明します。

他にもいろいろ教え方のヒントになりそうなことが書いてあるので、もう少しじっくり読んでみたいと思います。

中山理『算数再入門』(中公新書、2008年)。
[PR]
# by bbex33312 | 2008-05-01 00:08 | 参考書の紹介
物憂げな 6月の雨に 打たれて
愛に満ちた 季節を想って 歌うよ
―Mr.Children 「Innocent Word」より

何十回も聴いたはずの曲の歌詞の意味が、突然はっきりと認識できるようになることがある。
なぜ、物語の主人公は、6月の雨に打たれながら、愛に満ちた季節を想って歌うのか。

答えを教えてくれたのは、先日、僕の家の郵便受けに舞い込んできた、2通の招待状だった。
1通は、中学時代からの友人。
もう1通は、高校時代の女友達。
2通の手紙とも、6月の土曜をそのパーティーの日程として指定していた。

2通の手紙は、僕の心に喜ばしい思いと同時に、一種のノスタルジーを呼び起こした。
「そうか、だから6月は愛に満ちた季節なのか。」
一人つぶやく。

「Innocent World」は、友人の門出を機に、今までとこれからの自分を鑑みて、イノセントな世界に想いを馳せる歌なんだ、そんな風に解釈できたら面白いかもしれない。

ただし、友人からの招待状から始まった、とりとめのない思考の戯れを遮ったのもまた、その招待状たちだった。

「しかし、ご祝儀2回分はきっついなー。」
[PR]
# by bbex33312 | 2008-04-23 01:07 | 日記

ブログはじめました。

ブログはじめました。

ジャンルレスでフリースタイルな公開ネタ帳を目指します!
なーんてあやしいキャッチフレーズを書いてみましたが、いや、つまり、テーマ・文体に関して、いろんなことを試しながら、身辺雑記だけではない、書評やらやエッセイやらの読み物を書き綴りたいと思っております…。

自分の雑多な関心をなるべく体系的に示すために、記事は細かくカテゴリ分けしていますので、それを参考にして過去の記事を読んでくださると幸いです。

建設的なコメントお待ちしております!!
[PR]
# by bbex33312 | 2008-04-22 07:24 | ブログ内容の紹介