「めがね」がものす、ジャンルレスでフリースタイルなネタ帳です。はじめての方は、「ブログ内容の紹介」のカテゴリをご覧ください。


by めがね

文化祭

昨日、勤務している高校の文化祭を見に行った。

都立高校出身の自分からすると、「少し校則が厳しいかな」と思うところもあり、生徒がおとなしいと感じるときもあるんだが、そこは文化祭。生徒は、普段の授業では見せないパワーをしっかりと見せてくれた。早く担任をやれるように、専任になりたいと決意を新たにした。

各クラス・団体ごとの出し物のあとは、体育館で後夜祭が行われた。そこで、なんと、文化祭担当の先生から審査員を頼まれた。体育館の最前列という特等席で、各団体のパフォーマンスを見せてもらうことができた。終了後、一緒に審査を担当した同期の先生(新卒で入っているので、歳は6歳若い)は、「若さに悔しくなった」という趣旨の発言をしていたが、気持ちはすごく分かる。自分が高校の時は、ほんとはパフォーマンスする側にあこがれていたのに、それがなかなかできないために、体育館のうしろの方に座って、パフォーマンスのダメだしをしていた。そんな感覚が、まだ拭いきれなかったのかもしれない。僕の方が少し歳上の分、素直に彼らのがんばりを受け入れられたのだろう。

後夜祭の終了後は、グラウンドで花火の打ち上げ。これが、20分程度あり、本格的なもの。普段、仕事をしていると勤務校のいいところは、なかなか思い浮かばないが、この花火は学校としてかなりのアピールポイントになる思う。「いくらかかかっているのかな」と下衆の勘繰りをしながら、眺めていた。付き合っているカップルは、二人で見るのが恒例らしい。ただ、外でみていたら、燃えカスがかなり降ってきた。

その後は、一緒に文化祭を見ていた非常勤の先生と、立川で飲み。この時期になると、毎年来年はどうするかの話になる。いなくなる先生がいるのはさみしいが、仕方ないこと。自分の努力を続けるのみ。まだまだ、生徒には負けてはいられません。
[PR]
# by bbex33312 | 2011-10-03 16:56 | 日記

当たった!!

よっちゃんイカが!!

f0161165_2239997.jpg


ビールのつまみに、よっちゃんイカを三つ買って帰りました。
すると、奇跡の当たりが!!

一つ目を食べ終え、二つ目に。すると…

f0161165_22401442.jpg


まあ、まさかね。そんなそんな。
「二度あることは…」と、はやる気持ちを抑えつつ、三つ目に。すると…

f0161165_22405097.jpg


こんなところで運を使ってしまって、これから不幸になったりしないよね…。
[PR]
# by bbex33312 | 2011-05-07 22:41 | 日記

結婚式で考えたこと

昨日(2月28日)、中学時代からの友人の結婚式に参加してきた。

もうそろそろ30年になろうとする彼の人生を思って、そして、ほぼ同じ期間だけ存在している自分の人生を思って、最後に不覚にも泣いてしまった。一緒に参加した友人のうちの一人とは、「オレ達も、まだ人間としての心を持っていてよかった」と笑い合った。

少しひねくれているくせに、小心者で、自己顕示欲が強いわりに、自分を出すことを恥ずかしがり、また、他人の行動をストレートに受け取れず、「本音」を探ってしまう…。そんな私にとって、卒業式でも他の人の結婚式でも、なかなか素直に感動なんてできなかったが、昨日は自然と涙がこぼれてきた。

式の後、目黒の居酒屋で、参加した友人と久しぶりにゆっくり飲むことができた。久しぶりだと、多少の緊張の中、相手の出方をうかがってかしこまってしまったり、逆に、過剰にしゃべってしまったりして反省することも多いのだが、昨日は自然に会話を楽しめた。久しぶりでも、相手の価値観を信頼できていると、相手の言葉に変に反発することなく受け止められたし、社交の場が苦手な自分を再確認でき、勉強にもなった。熱く自分の考えを話すだけでは、結局は自分を分かってほしいというエゴにしかならない。また、自分のシニカルな語り口に、気をつけなければならないことを再認識した。

昨日は、午前中は雨が降っていたが、お昼すぎにチャペルでの結婚式が終わる頃には、空は晴れ渡っていた。そんな一日だった。
[PR]
# by bbex33312 | 2010-03-02 04:42 | 日記

『BANDAGE』

久しぶりに劇場で映画を見てきました。新しくなった(といっても、もう数年たっていますが)、新宿ピカデリーです。学部生の時によくボーリングをしたボロいビルが、見事なシネコンになっていると時の流れを感じずにはいられません。

タイトルは『BANDAGE』。なんだかんだで、やっぱり小林武史の世界観が好きなんです。最初、CMで赤西が歌っているときは、まったく気にならなかったんですが、小林武史監督・岩井俊二プロデュースと分かると、急に見たくなってくるから不思議です。


では、まず、テクニカルなところで気づいたところを挙げると、

・映像的には、ほとんど全編、手持ちの映像で、ドキュメンタリー風でした。好みの画です。
・90年代初頭が舞台なので、使われている音楽機材が、当時のパソコン本体とモニターが一緒になっているMacintoshだったり、AKAIの古いサンプラーだったり、と当然のことではありますが、ディティールにこだわっていました。

内容面では、

・センチメンタル感満載の青春映画が好きな人は、きっと好きです。つまり、僕は好きです。
・逆に言えば、その手の青春映画が嫌いな人は、見ていて恥ずかしくなってくる部分が多々あります。特に、アサコ(北乃きい)とユキヤ(高良健吾)が、海で孤独を感じるくだりの部分は、さすがにキツイものがあります。
・また、この手映画によくあることだと思うんですが、気持ちの動きに?マークがつくところがたくさん出てくるのは確かです。例えば、なぜナツ(赤西仁)はただの高校生のアサコ(北乃きい)にそこまで興味を持ったのか?、なぜアサコはユキヤに付いていってしまったのか?、なぜLANDSの不和の原因がアサコだけに向かってしまったのか?、などです。
 二つ目の疑問の伏線として、ホームページであらすじを見ると、「天才的な音楽センスを持つユキヤに惹かれてLANDSのファンのなったアサコ」とありますが、映画を見る限り、アサコがLANDSが好きなった決定的な要因がユキヤの才能とはなかなか読み取れないと思います。
・よって、細かい感情の整合性は気にならないで、雰囲気で作品の世界観やストーリーに入り込める向けだとは思います。

音楽面では、

・僕としては、音楽を期待して見にいっているので、文句なしです。赤西ボーカルも、違和感なく聞けました。
・ただ、ミスチル好き・小林武史好きからすると、バンドサウンドで小林武史アレンジとなると、どうしても、「ニシエヒガシエ」や「フェイク」あたりのミスチルサウンドが参照基準として頭に浮かんできてしまいます。
・そのつながりで、工場地帯の引きの画が、ストーリーの句切れ目で数回使われいますが、その中で鳩が飛ぶシーンがあって、「Tomorrow never knows」のジャケットを思い出しました。

以上、感想でした。久しぶりに楽器を練習したくなりました。

LANDS『Olympos(オリンポス)』(2010年)。
[PR]
# by bbex33312 | 2010-02-15 01:24 | 映画・ドラマ

ナカノノフシギ

昼間にサンモールを通ると、いつも流れている曲があります。

それがなぜだか、坂本龍一のアルバム『音楽図鑑』の「TIBETAN DANCE」と、坂本プロデュースでドラマ「ケイゾク」主題歌の、中谷美紀「クロニック・ラブ」のインストバージョン。



詳しい人ならすぐ分かる曲ですが、一般にメジャーな曲とは言い難い。
サンモールも「なかなかセンスがあるじゃん」なんて思ってて、あんまり深く考えていなかったんですが、今日気づきました!!

そういえば、坂本龍一、中野出身で都立新宿高校卒だったんだ。安倍晋三政権の官房長官、塩崎恭久とは新宿高で同級生だったとのこと。

謎がひとつ解けました。

坂本龍一『音楽図鑑 完璧盤』(1984年)。
[PR]
# by bbex33312 | 2010-01-29 13:56 | 音楽