「めがね」がものす、ジャンルレスでフリースタイルなネタ帳です。はじめての方は、「ブログ内容の紹介」のカテゴリをご覧ください。


by めがね

カテゴリ:音楽( 2 )

ナカノノフシギ

昼間にサンモールを通ると、いつも流れている曲があります。

それがなぜだか、坂本龍一のアルバム『音楽図鑑』の「TIBETAN DANCE」と、坂本プロデュースでドラマ「ケイゾク」主題歌の、中谷美紀「クロニック・ラブ」のインストバージョン。



詳しい人ならすぐ分かる曲ですが、一般にメジャーな曲とは言い難い。
サンモールも「なかなかセンスがあるじゃん」なんて思ってて、あんまり深く考えていなかったんですが、今日気づきました!!

そういえば、坂本龍一、中野出身で都立新宿高校卒だったんだ。安倍晋三政権の官房長官、塩崎恭久とは新宿高で同級生だったとのこと。

謎がひとつ解けました。

坂本龍一『音楽図鑑 完璧盤』(1984年)。
[PR]
by bbex33312 | 2010-01-29 13:56 | 音楽
もし、Mr.ChildrenやBank Bandの楽曲の中で、櫻井和寿の要素が好きなのか、それとも小林武史の要素が好きなのかと問うならば、小林の方なのかもしれないと、このごろ思うのである。もちろん、櫻井は本格的なアレンジはできないだろうし、小林は歌わない。そもそも、両者の役割が不可分な楽曲が多いはずなので、問い自体に無理がある。それでも、音楽好きの自分にとって、この問いに対して想いをめぐらすことは、自分のアイデンティティーについて想いをめぐらすことだと言っても過言ではないのだ。

自分が好きなのは、小林の要素なのかもしれないと思わせた、直接のきっかけがこの曲である。



音楽は時に強引に、ばらばらな記憶を結びつけ、ノスタルジーを呼び起こす。
きっと僕らは、ノスタルジーには抗えない。
この曲は、僕にそう確信させるのである。

Ilmari×Salyu「VALON」(2004年)。

<補足>(2010.10.5)
フジテレビの「僕らの音楽」で行われた、salyuとilmariのコラボがとっても好きなんですが、削除されてしましました。残念。
<補足2>(2011.7.12)
「僕らの音楽」のコラボ、再アップされてました!
[PR]
by bbex33312 | 2008-10-30 06:41 | 音楽